どこが評価ポイント?

昨日は、ホワイトデーでしたね。

 

僕が、バレンタインデーのお返しをするわけではなく、

妻と一緒に作りました。

 

バレンタインデーのときに、

一緒に作って、

ホワイトデーのときも一緒に作ろうよ。

 

ってことになったんです。

 

僕は、ほとんど、指示をもらって手伝ったって

感じなんですがね。笑

 

まあ、でも、一緒になにかをすることって、結構大事ですよね。

 

この人いいなあと思うのは、

 

例えば、

 

家で、家事をしているのを見ているときに感じることもあれば、

お話をしているときにわかることもある。

あるいは、LINEとかのメッセージを読んでいてわかるときもあります。

そして、一緒になにかをしたとき。

 

といった感じで、いろんな場面で、評価ポイントがあり、

人によって、評価する場面が違うんですよね。

 

姿を見て、良いと感じるのか、

話を聞いて、良いと感じるのか、

文章を読んで、良いと感じるのか、

一緒になにかをして、良いと感じるのか、

 

人によって、評価のポイントと場面が違うと言われています。心理学的に。

 

なので、僕は、いろんな場面で、

良いなあと思ってもらえるように、

がんばっております笑

 

仕事でも、

上司の評価ポイントがどこなのか、

クライアントの評価ポイントがどこなのか、

 

応用できますので、

適切に評価してもらえるように、仕事してみてください。

 

*画像のチョコレートケーキは、イメージ像です。

最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件