よーく見ると〇〇しない

初対面の人とお話する機会がよくあります。

みなさんも、初対面の人とお話することは、あると思います。

初対面の人とお話するとき、
あたりまえですが、
友達と話しているときとは、感覚が違いますよね。

言葉の使い方も丁寧になりますし、
リラックスして喋れる感じでは、ないですよね。
ちょっと緊張感が出るお相手もいます。

こういうときに大事にしたいのは、
お相手を観察するということ。

声のトーン、スピード、大きさ。
これをいち早く察知します。

他には、
カラダの使い方や、手の使い方。
顔の表情。顔の筋肉の張り具合。

そういったところ、目につくところや、
耳から入る情報に気をつけて観察します。

言葉の内容ももちろん聞くのですが、
観察していると、それ以外のところが見えてきたりします。

そうすると、自分と同じように気を使って喋っているな、とか、
実は、緊張しているな、とかわかります。

こうすると、自分は緊張しないんですよね。

観察できると、緊張しなくなる。

なにかみんなの前でプレゼンテーションをしないといけないときとか。

ゴルフの朝イチのティーショットでみんなに見られていて緊張する場面とか。

そういうときでも使えます。

自分のことに気をとらわれていませんか?
自分がなにを話すかとか。どう見られているかなとか。
お相手のためにも、自分のためにも観察する。

そうすると、落ち着いてお話できますよ。

最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件