NO IMAGE

わかるように作るが意見は聞かない

いろんな意見を聞いて取り入れてないですか?
それがクオリティを下げているかもしれないですよ。

 

今回は、動画制作での表現について書いていきます。
YouTubeとか結婚式のムービーとか、
動画を作ってる人。
何かしらの表現をしている人に向けての内容です。

 

 

伝えたいメッセージを伝えるためには
一般人の意見を取り入れるべきではないです。

ちょっと嫌な言い方かもしれないんですが

素人の意見を取り入れたらクオリティは下がります。
なぜなら理論を分かってないから。

 

理論がわかってない人の意見はめちゃくちゃです。
大体合ってない。

もちろん良かれと思って意見をくれてると思いますが
その内容が合ってるかどうか。
動画が良くなるかどうかは別の問題です。

 

その道のプロは自分だから
自分の持ってる知識を使ったほうが絶対にいいんですよ。

 

 

僕も先日、動画を作ったんです。
表彰式のオープニングムービー。

これは結果、かなり反響があって
見終わった後にその動画が欲しい
と言ってくれた人がたくさんいました。

 

この時も作成段階で
製作側の人が意見を言ってくれる場面がありました。

でも、僕は無視をさせていただいた。
なぜなら動画の知識がその人たちにはないから。

 

 

プロとして、表現者として、
一般人にも伝わる動画にするってことは必要です。

なので、その道の先輩などに聞くのは良いことです。
いろんな意見を聞いて
どう表現し、どう伝えていくかを考えていくのには、
とても参考になります。

 

そのあとは、自分の感性を信じて作る。
その結果、伝わったか伝わってないかを感じて
次に活かす。

そうやって繰り返していくことで
プロが見てもわかる内容で
かつ、
一般の人にも伝わる内容になっていきます。

 

逆に
プロだけがわかる動画っていうのは、
伝わらないからダメかもしれないですね。
伝わる人が限られてしまうので。

アマチュアにはわからないよっていう態度は
高飛車であんまりよくないと思いますので。笑

 

という感じで
プロの知識を使って
多くの人に伝わる動画にしていきましょう。

 

まずは、
プロとしての知識をしっかりつけるところから
始めてみてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件