NO IMAGE

会議での発言がたくさん出てくるためには

会議とか研修で
参加している方から
意見がなかなか出てこないってことないですか?

 

否定されそうな雰囲気が少しでもあると
出てこないですからね。

 

 

今回は、研修や会議について書いていきます。

意見が活発に生まれて、
いい雰囲気な研修や会議にするためには、
どんな意見でも否定されない。ということが
参加している方に感じられてないといけません。

 

否定されそうって思ったら、思ってることを口に出しません。
誰しもが否定されたくないですし、
自分が他の人より劣った意見を出したと思われたくない。
せっかく喋ったのにダメだったとはなりたくない。

 

 

先日、研修をやりました。
研修をやってると
発言を求める場面がやってきます。

今回のこの研修の意図は
たくさんの意見が出ることで他の人の参考になる。
引き出しが増える。ってことでした。

 

なので、
すべて意見を全て拾って、褒める。
いっさい否定しない。
っていうことをやって、たくさんの発言をしてもらいました。

発言がたくさん出てくるためには、
研修担当、ファシリテーターが
空気を作っていくことが必要になってきます。

 

 

まずやるべきことは、
いろんな意見があっていい場であることを
最初にちゃんと言ったほうがいいですね。

研修担当が意見を否定しないとしても
参加者が他の人の意見に対して否定する可能性があります。
なので、そうさせないために
いろんな意見を出していきましょうという場の説明をします。

 

次に褒める。
褒められると嬉しいですからね。
自分の意見をまた次も言おう。
他の人も意見を言おうとしてくれます。

そして、自分からも発言する。
自分が背中を見せて意見を言っていく。

 

どんな意見でも自分から言うことで
あ、言っても大丈夫なんだなって思ってもらえます。

そうやって雰囲気を作れると
率先して意見を言ってくれるし、
指名されても意見を言ってくれる。

 

意見がたくさん出てくれば
他人の意見が誰かのためになるっていう状態を作れるので
参加者のためになります。

 

ちょっと気をつけたいのは、
いいものはすごい褒めるけど、
そうじゃないのは褒めないってなるとその差がネガティブな感じになるので、
微妙な意見もしっかりフォローしてあげるってことも必要です。

 

 

という感じで、
いい雰囲気を作っていければ
意見が活発に出てくる研修。
全員が参加している研修になります。

まずは自分から意見を出してみましょう。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件