大雑把だから動けない

大雑把だから動けない

やることは決まっているのに
なんか行動が遅いんだよな…
終わらないんだよな…
ってことないですか?

いくつかやることがあって
その中で何をやるか迷っていたり。

 

これは、タスクが大雑把なのが原因だったりします。

 

今回は1日の行動計画について書いていきます。

早く行動できるなるためには、
タスクは細分化して書き出すってことをした方が良いですね。

 

人って大雑把な指示だと動き出せないんですよね。
逆に細分化してあると明確なのでサッと動き出せます。

 

 

僕は、コーチングを提供してますが
動きが鈍いクライアントの多くは、
タスクが細分化されていません。

なので動き出せないんですよね。

 

 

やるべきことが明確でないといけないので、
タスクは、超細分化して書いておきましょう。
そしてそのタスク表を見て動く。

 

例えば、YouTubeをやりたいのであれば、
企画、撮影、編集、公開、分析という手順があります。

その中でも企画は具体的に何をどこまでやるのか。
撮影はどういうプロセスでやるのか。

 

このあたりを自分がすんなり動ける範囲、
動きを理解している範囲まで小さくします。

 

1番大きいタスクでも1時間くらいにして置いた方が良いですね。
集中力がもたないので。

 

初めてやることは、特に気をつかって細分化していきましょう。
すぐ行き詰まりますから。

 

これができれば
タスク表を見て、すぐ動き出せます。
何をするか、迷わず行動できるようになります。

1点注意した方がいいのは、
2分以内に終わるようなことはすぐ行動したほうが良いですね。

タスク表に入れる前に終わらせた方が早かったりするので。

 

こんな感じで
タスクを書き出して行動。
ひとつが終わったら、またタスク表を見て行動。

自分が理解している範囲までタスクを小さくして行動しましょう。

 

そうすれば1日の終わりに
全てのタスクをちゃんと終わらせることができるようになります。

 

まずは、明日のやることを一覧にすることから
始めてみてください。

大雑把だから動けない
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件