NO IMAGE

悩みを解決する意識を向ける方向

びっくりしました。
何度も行ったことがある日比谷公園に噴水があったなんて。
しかも入口の目の前にあったのに。

 

人って意識が向いてる方向のことしか
認識できないんですよね。

 

もしあなたにいま
悩んでいることがあるなら。
意識の方向が問題かもしれません。

問題は問題が起きたときとは
違う視点がないと解決できないです。

 

 

今回は、問題解決について書いていきます。
悩みを解決するためには、
意識を違うところにもっていく必要があります。

悩みに意識が向いてしまってると良くなくて、
解決に意識が向いていないと解決できないです。 

 

問題に目を向けるのと
解決に目を向けるのは別のことなんですよね。

 

 

以前ぼくが日比谷公園に行った時のことを思い出してみると
イベントをやってたんですよね。
そのイベントに意識を向けていたので、
噴水には、気づかなかった。

今回は、イベントをやってなかったので噴水があることに
気づくことができた。 

 

 

こんな感じで
答えは意識を向ける方向を変えることで見つかります。

悩みを脱していくには、
解決策に目を向けていく必要があるんです。

 

前提として意識が向いてる方向のことしか人は認識できません。
その意識をどこにもっていくのか。

 

あなたはこの文章を読みながら、

室内の気温について感じれてましたか。
部屋の明るさは感じれてましたか。
外の車が通る音に気づいていましたか。

 

おそらく読んでいて初めて気づいたはずです。
そこにあったはずなのに
意識を向けないと感じ取れない。

人は、こういう性質をもっています。

 

 

悩むときはいわば
134ビットを悩みのことにフォーカスしているから悩んでいると言えます。

極端な話、
悩みとは違うことを考えているときは、
悩んでいないわけです。

 

それを理解した上で意識を適切なところにもっていく。
解決策に目を向けましょう。
問題の原因と解決策が違うことってかなりありますから。

 

 

例えば、ゴルフ。
スライスが出ちゃってOBが出ちゃうんですよ。っていった場合。
スライスを直すのではなくて出玉を左にもっていく。
そうしたらOBは出ないですね。

この場合、スライスは直さないので
原因を直していない解決策です。

 

他にも、筋トレ。
夕方に仕事が忙しくなる時があって時間が取れず
筋トレができないことがあるって場合。

じゃあ朝にやりましょう。
これも、原因である夕方の仕事をどうするかではなく
違う時間にしましょうっていう原因ではないところにアプローチしてます。

 

 

こんな感じで、
解決策に意識を向けていると
気持ちも前向きになるし、解決策も見つかります。

 

ということで意識をもっていく場所を変えていきましょう。

問題を解決して次の目標に向かうことができますよ。

 

問題を抱えているあなた。
いまあなたの頭の中を占めていることは、なんですか?

まずは、そこに気づいていきましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件