想いを馳せる

想いを馳せる

捉え方を変えるって話を
前回したんですけども

他にも
自分の感情をコントロールする方法があります

 

どんな時でも
ネガティブな気持ちでいる時間は短い方がいいはずです。

どんな状況でも
ポジティブな気持ちでいることができたら
気分良いですよね。

 

今回も子どもの世話の話で
例えようと思うのですが

泣き止まなくて
どうしようもなくて
イライラするようなとき

 

そんなときは、
今このときの状況に
どっぷりと浸かっていて
余裕もなくなったりします

余裕がないと
泣き止まないという目の前の現象に
さらにイライラしたりするわけです

 

そんな時にどう感情を変えていくか
ってことですけども
やり方としては、
将来に良いイメージをもつってことをやります

 

例えば、
今は、こういう状態で
泣き叫んでいるけども

数年後には、
楽しく笑って過ごせるんだろうなーとか
キャッチボールとかするようになるだろうなーとか

そうやって将来に良いイメージを持つことです

 

そうすると
目の前で泣き叫んでいる子どもを見ても

イライラせずに
穏やかな気持ちになることができます。

 

将来に良いイメージをもつことができると
今のしんどいことも乗り越えることができるんです。

 

なので、
何かしんどいことがある人は、
ちょっと将来に想いを馳せてみて
どんな良い未来があるかを想像してみてください。

 

未来は、自分の頭の中にしかないです。
であれば、どんなイメージをもっても良いはずです。

そのイメージを良いものにして

 

目の前のしんどいと感じるような状況においても
自分を良い感情の状態にしていきましょ

 

想いを馳せる
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件