NO IMAGE

押しまくりのセールスは

押して押して押しまくってないですか?
押しまくるから買わないんですよ。

 

今回は、セールスについて書いていきます。

 

セールスでは、毎回必ず成約できるわけじゃないです。
なので、いつかまた、戻ってきて成約してもらえるように
押しすぎず、思い出してもらえる工夫をした方がいいですね。

押しすぎると一生買わなくなります。
嫌な思いをしているので。

 

 

電話がかかってきたんですよ。
電話が嫌いなんですが、
携帯電話からだったので気になって出たら、セールスの電話。

数日前にある講座の説明会の動画を見たんです。
オンラインで説明会もあったのですが
動画視聴もあったので、そっちにしました。

 

ちょっと勉強がてら見てみたんですが
いきなり電話がかかってきた。
電話はダメだ。笑

電話は、人の状況とか気にせずかけてくるわけだし、
いま大丈夫ですか?
って聞いたらダメって言われるとわかってるから
そのまま喋り続けるって感じ。

やはり電話はダメだ。笑
次、同じ電話番号からかかってきたら無視しますね。

 

 

やっぱり待つことも必要です。
確かに熱が1番高いのは、対峙してお話しした時だったり、
今回だったら動画配信を見た時です。

でも、必ず、成約できるわけじゃないです。
すごく良いセールストークをしても。

 

その人の状況ってのがあって
説明会の2000円は払っても50万は出せないよって
あるじゃないですか。

 

押したい気持ちはわかりますが
確認のメールとか、後追いのメールもしてきてるわけだから、
電話までしてくると嫌な気持ちになりますね。

嫌な気持ちになったらも
もう今後も買わなくなっちゃうんですよ。
人は感情で動くので。

 

なので、思い出してもらえる工夫をしながら待つこと。
これが大事です。

僕の知っている講座ビジネスをやっている人は
この辺がとてもうまい。
だからまた時間が経っても申し込もうってなります。

 

思い出してもらえるようなことをしていたら、
タイミングがあった時に連絡がきます。

そして、その時は必ず成約する状態になっています。
そういう仕組みを作りましょう。

 

ただ、自分の商品の魅力が伝わってないと
思い出してもらえる工夫をしても買わないので
しっかり魅力を伝えることは必要です。

 

 

ということで
魅力を伝え、押しすぎず、思い出してもらえる工夫をしましょう。

押し込んで成約させようとして
信用を刈り取るようなことをしてはいけません。

そしたら、
また戻ってきてサービスを利用してくれますので。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件