NO IMAGE

改善は20%に絞って

次の研修の内容は何にしようかなー?

毎週研修をやっているのですが
次はどのテーマを扱おうか考えてたんです。

 

 

今回は、改善について書いてみます。

効率よく課題を改善するためには、
結果が出る20%のことにポイントを絞って
行わないといけないですね。

 

パレートの法則というのがありまして、
たくさんやることがあるなかの20%が
結果の80%を占めるというのがあるんです。

なので、
課題はたくさんあっても
結果に大きく影響をする場所と影響が少ない場所があるので。
課題は絞って対処しないといけません。

 

 

そのパレートの法則を思い出して
決まりかけた研修内容も白紙に戻しました。

結果がでるところにの20%の部分ではないと判断したんです。

 

この20%っていうところが
どこなのか、ポイントを見極める必要がありますよね。
そこを外しちゃうと
結果は80%ではない部分。20%くらいにしか影響を与えません。

 

なので
まずは課題を一覧にします。

1番結果が変わりそうなところがどこか
考えて見つけます。

そしたらその課題の改善を実行します。

 

 

実際、研修内容を変えたら結果が出るまでが早かったです。
すぐ数字が変わってきました。

受講生も結果がでたら嬉しいので
研修の参加姿勢が変わってきます。

 

研修でも
やりたいことをやるのではなくて、
おもしろいことをやるのでもなくて

ちゃんと効果が1番でそうなところを
扱う必要がありますね。

結果が変わらなかったら、
また戦略を見直すと。

 

ポイントを絞って、結果を出したあとは、
残りの課題もまた20%を探しつつ改善していくって感じですね。

 

まずは改善しようとしてる課題を
一覧にするところから始めてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件