NO IMAGE

本は1行見つけたらOK

1冊を丁寧に隅から隅まで読んでませんか?
全て読んじゃダメです。笑

ざっくりいきましょ。
ざっくり。

 

ということで
今回は、本の読み方について
書きたいと思います。

 

この時の本は、仕事で使う本のことですね。
小説とかではなく
仕事をより良くするときに読む本。

ビジネス書とか、専門書。
自己啓発とかもいけますね。

 

 

仕事してると1日8時間使いますし
ご飯食べたり、寝たり、家事をしたり
っていう生活の時間があって

他のことで使える時間は
そんなに多くないです。

 

本を読む以外にも
やりたいことはあると思います。

なので、なるべく、
短い時間で知識を効率よく吸収していきたいです。

 

 

知識がたくさんあると
モノゴトに対処するスピードは全然違ってきます。
知識があれば対応できることが増えますからね。

しかもほとんどの人が本を読まないので
たくさん読んでいれば
かなり周りと差をつけれます。

 

やっぱり
この人知識あるなってことが感じ取れたら
一目おきますよね。

 

 

ということで結論としては
本も質より量。

たくさん読んでください。

 

例えば、質を良くしようとする場合でも
最初は、量をしっかりこなす必要がありますよね。

どんなモノゴトでも。

最初は、質を求めずに
とにかく数をこなしていく。

 

質をよくするより
量をこなして慣れていく。
数をこなすことでスキルがついていきます。

 

それに、本を読む時のスキルって
いかに短時間で
自分が必要な部分をキャッチできるか
ところがスキルな気がするんですよね。

 

 

さらにさらに、
本で言うと、
1冊の中で大事なことって
数十ページなんですよ。

その著者の方が言いたいことの根幹部分が
数十ページ。

 

そこから、
自分の仕事に活きるポイントは
どれくらいあるかってなったら
もっと少なくなりますよね。

なので、
1冊の本から得ようとする知識量の目標は、
数ページか
もっと言うと1行でも良い。

 

1行でも自分の仕事に活きるポイントがあって
仕事の内容が変わるなら
それで結果が変わるなら
その1行こそが価値です。

答え探すように
本を読んでください。

 

そしたら、端から端まで
全てを読む必要性も感じないですよね。
全部読まなくていいんです。

最初は、読めてる感じがしないと思います。
なんていうか
物足りない感。

 

それは慣れるので
気にせずいきましょう。
まずは気にせずたくさん読む。

慣れてスキルがついてきたら
早い中でも大事なポイントは
ちゃんとキャッチしながら読めるようになります。

 

知ってることが増えれば
本の中で出てくる
すでに知ってることは
斜め読みでいけますよね。

なので、もっと早く効率良くなります。

 

 

おすすめは、
学びたいなってテーマの本を
5冊くらい読むこと。

1冊の本に3時間かけるのではなく
5冊の本を3時間で読む感じ。

 

そしたら何度も共通して出てくることが
あると思うので、
それはそのテーマにおいては大事ってことですし、
何度も出てくるので早く読んでも頭に残ります。

 

 

それでももし、この本からはしっかり学びたい。
ってのがあった場合は、
早く読んで、何度も読む。
1冊を早く何度も。

その方がたくさんのことを学べるはずです。

 

ってことで
次の1冊は、
1冊を1時間で読もうとしてみてください。

 

1時間と決めて読んでみる。
どれくらい理解できるか試してみてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件