NO IMAGE

理想は〇〇しないとわからない

これ、もうちょっと○○だったら良いのにな。

理想がわかってないと、

良い買い物ってできないですよね。

 

 

ドライヤーをちょっと前に新しく買ったんです。
それまで使ってたのもあったんですが
良さそうなので買ってみたと。

そしたら、冷風が弱い。
それまでのは冷風も強風で出るんです。

やっぱ冷風も強風タイプがいいなと。

 

 

理想のもの、良いものを買いたいですけど、
どれが良いかは使ってみないと理想は見えないものですよね。

使えば理想がわかります。
データだけを見ても
使わないと理想はわからない。

 

  

他にもキーボードを
仕事のパソコン用に買ってみたのがあるんです。

ワイヤレスだし、タイプした時の音も静かだし、
かなり良いです。
1点を除いて。

 

それは何かというと
キーボードが厚い。

ボタンを押す量っていうか深度というか
押し込む量が多いんです。

パソコンは2つ持っていて
もう1個はマックなのですが

僕はマックのように薄いキーボードが好みなんだなって感じました。

 

 

ちょっとお金が無駄になっちゃいますけどね。
1回で1番良いのを買うのは難しいなと。

もちろん
1回で良いものを買えたら1番良いですけどね。

 

なので、理想をイメージしてみて
それから買うっていうのは必須。

そして、
そのあと使ってみて、
どれが理想かがわかる。

こんな感じですよね。

 

どんなことでも
やってみないとわからないことがたくさんあります。

これは理想に近い。
良いイメージだ。ってなっても
やってみたらめっちゃ微妙ってことはありますよね。

しょうがないです。
取り返しのつかないミスだけしないように
慎重になって、あとはやってみましょう。

 

試着みたいな感じで試してみて
ダメだったらすぐ次。

理想がわかれば
次からは良いものが選べる可能性は高くなりますから。

 

「この道いけばどうなるものか。行けばわかるさ。」

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件