NO IMAGE

間違えてますよ戦い方

自分はこう思うって独自のルールを採用して戦ってないですか?

勝つためになにが大事かって話を書いていきたいと思うのですが

目的を達成するために必要なことしないといけないですよね。
めっちゃ当たり前のことです。

そうしたら戦うところのルールで戦わないといけないです。
じゃないと結果は出ないので。

 

 

YouTubeの動画を作っていますが
チームで話し合ってる時に違和感をすごく感じたんですよね。

例えば、
サムネイルはこっちの方が日本語的に正しいとか。
それはサムネイルとしては正しい方向に行きますかね?
YouTubeで見た人が惹かれるキャッチーなものになってますかね。
日本語的に正しいとかどうでも良くないですか。

 
タイトルはこっちの方がいいと言ってサムネイルと同じようなことを書いてたら
見てくれる人にとってどうですかね。 
違うことを書いてくれていた方が情報量として多いですし
見てみようかなっていう確率が上がるじゃないですか。


動画の内容として再生数を狙わずに自社に既に興味関心がある人向けの動画って
それはYouTubeのプラットフォーム的に適した動画内容になってますかね。
ファンがつく動画がいいとされてますが
そうじゃなかったらYouTubeには評価されず動画は世間の人に届かないですよね。

届かなくてい良い。興味関心がある人向けの動画なんだって。
言うことであればYouTubeじゃなくて良いですよね。
もしくは限定公開にして
問い合わせがあった人にだけ送って見てもらうとか。

 

 

なにを勝ちとするかですが
その勝ちの定義は、そのYouTubeというプラットフォームだとどうですかね。

 
YouTubeが定める勝ちに沿って動画を作っていって
自分のビジネスにしていく。
自分のビジネスに活かそうと思ったら
そのプラットフォームでの戦い方で戦わないといけないわけです。

 

 

総合格闘技のリングに上がってるのに
俺は立技が好きなんだ。
寝技はやらないって言ってるようなもので。
普通に寝かされて負けますよね。 

そこのリングで勝ちたいのであれば
寝技を使っていかないといけないですし

立技が好きなんであれば
ボクシングをやるとかで違うリングにいかないといけない。

 

 

自分はこう思うっていうのは、
プラットフォーム側や見てくれる人には、
関係ないですから。

まったく評価されないで終わるだけです。

 

っていうことで、
戦う場所のルールを知って戦いましょうねってことでした。
ルール知り、勝つためになにが必要かを考えて動きましょう。
そうじゃないと結果は出ないですので。

 

まずは、周りでうまくいってる人を見てみることから
スタートしましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件