難しいことが難しく感じなくなる言葉の使い方

難しいことが難しく感じなくなる言葉の使い方

はじめてのこと、やりはじめてまだ日が浅いもの。得意じゃないもの。
つい、「難しい」って言ってしまいますよね。

この難しいと言うことが
スキルをあげることから遠ざけている可能性があります。

 

今回は、やっていて難しいこと。について書いていきます。

より早くできるようになるためには、
慣れていないだけと考えると良いです。

 

というのも
できるようになれば難しく感じないですよね。
結局は慣れの問題ってことがあるんです。

初めてのことはたいてい難しく感じますし、
難しいと言うと余計難しく考えちゃうことがありますからね。

  

 

僕は今、ブログが400日以上続いていますが
最初はすごく大変でした。

記事をどうやって書いたらいいかわからないし
書くことが浮かばないとか
書いたらどうやってアップしたらいいとか。
わからないことだらけ。

 

でも今となっては、苦もなく投稿することができます。

 

 

会議のファシリテーションも最初は難しく感じました。
誰に発言してもらうのか。
発言してもらったのをどう拾っていくか。

余計なことを言ったらどうフォローするのか。
勝手なことをやりだす人が出てきたらどうするか。

 

今でこそ対処できますが
最初は対処できず汗をいっぱいかきました。笑

 

 

何かを習得するには、
繰り返しやる必要があります。

難しくても、できなくても、
難しいと言わず、

慣れていないだけ。

 

と言ってみましょう。
そうするだけで気持ちが楽になります。

 

言葉のチカラってすごいですからね。
難しいものはやめたくなりますが、

まだ慣れていないだけ。って言うと
慣れるためにもう一回、やろうってことで
繰り返しできるようになります。

 

 

はじめてのことは難しく感じて
慣れていることは簡単に感じます。

あなたも今考えたら簡単だけど
当初は難しく感じたなってことありますよね。

 

はじめてのこと、うまくできないことが
目の前にあったら
この言葉を言ってください。

まだ慣れていないだけ。

繰り返しですが、
言葉ひとつで気持ちは楽になります。

 

ただ、
ひとつ気をつけないといけないのは、
調べつつ、うまくいく方法をさがしながらやることももちろん大事。
うまくいかない方法を繰り返してもしょうがないので。

 

まだ慣れていないだけ。
そう言いながら繰り返し実行して、
やればできたっていう自分になっていきましょう。

 

難しいのではない。
まだ慣れていないだけ。

難しいことが難しく感じなくなる言葉の使い方
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件