次になにをやるかというと

僕は、人に何かを研修をしたり、教えたりすることが多いです。

1回限りではなく
何度も継続的にお伝えしていくので
気をつけているポイントがあります。

 

それが何かというと
話の最後で
次回の予告をするってことです。

 

 

何かを教える人。研修する人。
YouTubeなどで伝える人。

そういった方たちは、
この次回予告、
やった方がいいですよ。

 

まとめだけを喋ってそのまま終わるってのは、
もったいない。

テーマをもって、
テーマに沿ってお話ししてると思います。

 

そして、
最後のまとめを喋るってところが終わったら
次に何をやるか話すってのをやってみるといいですよ。

次に何やるかのほかに、
今後がどうなっていくのか
ってことを伝えるのもありですね。

 

どういう流れで進んでいくのかに興味がある人っていますからね。
ここが示されてないと
テンションが上がらないって人もいます。

なので最後の場面で
次にやることを話に入れてみましょう。

 

次回予告を話すと
表情が変わったり良い反応が見て取れますよ。

 

ですので、予告を伝えて
次回まで
楽しみに待っていてもらいましょう。

最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件