Webの間、リアルの間

Webの間、リアルの間

Webで勉強会の研修をやってきました。

実際に受講生を前にして
研修をやるっていうのは、
やってきましたが

Webっていうのは、
なかなかない。

 

ファシリテーションくらいなら
ありますが
研修までやるっていうのは、
またちょっと難しいなと感じました。

 

 

画面上で顔出しをしていれば
また違うのですが、
誰の顔も映ってないパターンだったんですよ。

表示されてるのは、名前だけ。

なので、反応は
見えないし
聞こえない

何も感じ取れない中で
進めていく。

これはさらに厳しい。

 

 

人って反応がないと
理解できてるかな?って感じで
不安になったりしますからね

不安になれば焦って早口になってしまう
早口になれば、やっぱり理解度が下がる。

 

 

ってな感じで、
反応がない中でやるのは、
これまた慣れが必要ですね。

 

書籍であれば、
自分のタイミングで止めることもできますが、

研修とか、セミナーとかっていうのは、
研修担当がどんどん先に進めていきます。

 

受講生からしたら、
そこで適切な間がないと、
府に落ちないまま、
進んでしまうってことになります。

人は、間があって
理解を深めたりしますからね。

 

Webでもリアルでもそうですが
間が理解には大切です。

なので、研修だけでなく
お話ししている時
説明をしているとき、

 

間をしっかりとって
進めていくと良いですね。

間が取れるようになると
卓越しているように見られますからね。

 

Webの間、リアルの間
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件